一発逆転ファイナルレースを攻略する!?

2021年3月18日

高知愛が強いKeibaTBが書く当ブログということで、たいして記事も書いてない状況ですが高知競馬について書いていきたいと思います。twitterでまとめたEXCELを画像にしてUPしてみましたが、手作業でデータをまとめてると気付くことがあったりします。そんなことをまとめて、皆さんの参考になれば幸いです。たいして知識も無い私が書くことですから初心者向けということで、よろしくお願いいたします。

さて、この記事をご覧いただく方なので一発逆転ファイナルレースのことはご存知だと思いますが簡単に説明すると近走(過去4走)で勝利していてない馬が選ばれた非常に難解な高知の最終レースです。正直、着順だけ見てると、どの馬が勝ってもおかしくないような馬柱となっております。

そんな一発逆転ファイナルレースですが、2021年の配当をまとめてみますと馬連で平均配当が4,803円3連複の配当が12,856円(2021年5月26日現在)となってます。万馬券の回数で言いますと48レース中、馬連は4レース、3連複は21レースとなっております。

2021年の結果を騎手別で見ますと妹尾将充(セノオマサチカ)騎手が4勝2着3回3着1回がNO1で妹尾浩一朗(セノオコウイチロウ)騎手が4勝2着2回3着1回と成績はNo2です。塚本騎手が3勝2着4回3着5回と馬券になった回数はNo1!!山崎騎手が2勝2着2回3着1回、岡村騎手が2勝3着3回、木村騎手が2勝2着3回などとなっております。有力騎手で言いますと赤岡騎手2勝2着1回、永森騎手2着1回3着5回、西川騎手が2勝2着1回3着2回、倉兼騎手が2勝2着2回3着6回となっております。騎乗回数まで現時点でカウントしておりませんが、普段の高知を見てると普段買う機会が少ない騎手が多く馬券になっておりまして、期待値で考えるとダブル妹尾騎手や塚本騎手がオススメとなるでしょう。

人気別で見ますと10番人気以下で馬券になったのは1着2回2着2回3着3回。平均人気は1着が4.1番人気、2着4.4番人気、3着が5.5番人気となってます。1番人気の成績が10勝2着8回3着4回(22回)、2番人気5勝2着7回3着3回(15回)、3番人気5勝2着5回3着6回(16回)となってます。なんだかんだ言っても1番人気が強くて半分近くは馬券になってますので過度に人気薄ばかりを狙うのは禁物です。ただ1~3番人気までが全く絡まないレースも11回ありますので5回に1回の割合を狙いたいと言うのであれば、それを否定するつもりもありません。

ここまで前書きを書いて一発逆転ファイナルレースの攻略方法ですが、馬券の種類は3連複をオススメしたいと思います。あくまで割と大きく当てたいことが前提となりますが、3連複フォーメーションで2頭-4頭-6頭選んで14通りとなります。平均配当が12000円であるならば8回に1回当たれば収支はプラスになる計算です。3連複の1列目に1番人気を固定とパドックで良く見えた馬や騎手や好きな馬を入れたり、2列目に3番人気、3列目に10番人気以下を1頭入れるなど個々で工夫が出来る気がします(ちなみに1番人気と3番人気があわせて馬券になったのは7回あります)。あとは一発逆転ファイナルレースを得意とする騎手を入れてみるだけで面白くなるのではないでしょうか?私も馬券を購入する際は積極的にパドックで良く見えた馬を呟きたいと思いますので、良かったら1列目や2列目に入れていただけたらと思います。

※今後書き足していく予定です(最終更新日:2021年5月26日)
※4月10日11日は一発逆転(記者選抜)では無いためデータに入ってません