2021年初日の結果と記憶しておきたいこと

2021年1月5日 2021年の中央競馬が始まりました。本年も1年よろしくお願いいたします。初日ということで東西金杯がありましたが、京都金杯は悔しい縦目。岩田騎手のイン突きは名人芸と言える技ですよね。南関の本田騎手もイン突きが上手いと思ってますが岩田騎手と比べちゃいけないかもしれません。

本日は全敗ということで見せ場無しな馬券結果ではあったのですが、ちょと記憶しておきたいなと思いビール飲みながら書いてます。中山9R招福ステークスは3勝クラスのレースでしたが4レースの同条件よりも走破タイムも遅く理解に苦しむレースだったと思います。サトノディードはパドックで良く見えて、成績を見て切り捨てたのですが、この内容だと次につながるものは無いのかな?と考えます。逆に言えばココで拾っておきたかったかな(苦笑)。

中山10Rのジュニアカップはヴィルヘルムから買ったのですが、レース道中見ていて松山騎手の騎乗に「?」しか点きませんでした。スタート後促しておきながら行く気になった馬を抑えにかかりました。その抑え方が中途半端だったのか馬の行く気が上回ったのかはわかりませんが止まらず、少したってガッツリ抑える・・・。直線に入ると出しどころは無く、最後坂の途中少し足を伸ばして終了と・・・。2000m位でゆったりだして、ゆったり先行ぐらいが向いてるのかもしれませんが、今日はとにかくチグハグなのであまり結果は気にすること無いのかな?と

中山11Rの金杯。ヒシイグアスは軸候補の1頭でしたが10Rの松山騎手の騎乗を見て評価を下げてしまいました。レース中不利もありましたが、それを覆しての勝利。ハンデ等もあり、今後どうこうは言えませんが悪く無い内容だったのではないでしょうか?

週末は3日間開催ですし、今日の損失を挽回出来るよう馬を見たいと思います。