ホープフルステークスを回顧する

有馬記念回顧の後になりましたが、ホープフルステークスも回顧したいと思います。まずは私の予想にリンクしておきます。https://www.keibatb.com/jra/2020hopeful/

私が本命にしたランドオブリバティは直線に入る前に逸走してしまい中止の結果になりましたが対抗のダノンザキッドが優勝しました。ダノンザキッドはエンジンがかかるのに時間がかかるので不安がありましたが坂を登ったところでエンジン全開で1着でした。今回は勝利しましたが私的には皐月賞は「?」が点きます

2着がオーソクレース。スタートに不安があった馬でしたが悪く無いスタートでポジションをとれました。直線でも渋とさを見せましたが2着。力は発揮しているはずで、スピード勝負になると分が悪いかな?と思いました。

3着がヨーホーレイク。重馬場(稍重含む)でしか走っておらず、そこが心配でした。スタート直後にランドオブリバティに寄られる不利がありました。これで当初の予定とは違ったレースになったかもしれませんね。上がりがかかる展開でやはりスピード勝負は「?」が点きますが直線まで馬なりでスムーズに走り、直線は外に出して追い出し開始。この馬は操縦性が良さそうで大崩れが無さそうですね。あとはスピード勝負に対応できるかが、クラシックへのポイントですかね。

馬券に関係無いところで興味を持っていたバニシングポイントは私が見た感じで恐縮ですが「太い」です。なので適性云々は抜きにしたいと思います。

あとは期待していたアオイショー。荒れた馬場で切れなかった感じなのか実力なのか不明ですが、レース自体はスムーズだったように感じます。追い出しをワンテンポ遅らせた気がしますが、切れる脚を出すためにギリギリまで引っ張ったんですかね?

正直、来春の参考になるとはあまり思えませんので各馬、次のレースをしっかりと確認したいと思います。偉そうにダラダラと書いてますが、私の競馬力を高める為に書いてる部分が大きいのでご容赦ください。