菊花賞予想

2021年10月21日

さて今週末は菊花賞ですが、「コレ!」という軸馬不在の面白いレースになっていると個人的に考えております。過去走、調教、馬体(東スポさんの写真)、パドックと4つに分けて予想したいと思ってます。パドックについてはtwitterで呟きたいと思います。今週の残り「木」「金」「土」「日」とこの記事を追ってもらって皆様の予想の参考になれば幸いです。

さて10月20日(日が変わって11日)の時点で出来る予想と言えば過去のデータになります。まぁ正直競馬が上手いとは思ってませんが、つらつらと書いてみたいと思います。
今年の菊花賞は普段の京都では無く阪神開催となりますので、よりタフさが求められると考えます。3歳馬で不安がある中の長距離ですのでスローペースでヨーイドンの競馬となることでしょう。その辺りも踏まえて予想したいと思います。注目してるのは3頭!まずはレッドジェネシスです。神戸新聞杯の疲労を考えると微妙なのかもしれません。ただ使っているレースを見ると2000m以上を中心に使ってますし上がり3Fのタイムが速いのが特徴です。デビューから20キロ程度増えており成長力もあります。ただ母父がstorm catの点が気になります・・・ダビスタの知識ぐらいしか血統については知りませんので、この辺りは血統に詳しい方が何かしら書いてくれるのでは?と考えてます。次点がディヴァインラヴです。この馬は連勝して菊の舞台へチャレンジしてきました。チャレンジと書いたのは牝馬だ!という点です。私のたいしたことの無い記憶ではダンスパートナーぐらいしか菊花賞の有力馬となった牝馬は思いつきません・・・(この時は1番人気でしたが5着)。近年だとメロディーレーンなども人気薄でしたが5着と頑張りました。小倉ではありますが2600mで勝利して距離的な不安は少ないのが魅力ですかね。あとは馬体重を増やしてきており、こちらも成長が伺えます。こちらは母父もディープで血統的な不安も少ないと考えます。3番手がハギノピリナです。こちらは上の2頭と比べると期待度は低いかもしれませんし牝馬ではありますが、前走の馬体重増が成長分であれば期待出来るのかな?と。オークスでは見ているものを驚かす鬼脚で長い距離を中心に使われてるのも高評価です。騎手が今年話題になった藤懸騎手な点が多少不安ではありますが、追い込み馬でありますし自分でレースを作る馬では無いと考えますので、さほど影響は無いのかな?と考えております。以上、3頭が過去走(データ)で考えている推奨馬となります。週末土曜日に追記させていただきます。

10月24追記
上記で書いているハギノピリナは除外となりました。
Youtubeで調教動画を全頭確認いたしました。良く見えたのはセファーラジエルディープモンスター、ロードトゥフェイムヴィクティファルスの4頭。良く見えなかったのはワールドリバイバルですかね。
良く見えた4頭の内ロードトゥフェイムヴィクティファルスは馬券に組み込みたいと考えております。

東スポのフォトパドックで良く見えたのは3頭!レッドジェネシスセルファーラジエル、ヴァイスメテオールです。

これで知りえる情報での判断は終了となります。あとはパドックで最終決定となります。パドック診断はtwitterで書きたいと思っております。
◎レッドジェネシス
〇ディヴァインラヴ
▲ロードトゥフェイム
△セファーラジエル、ヴィクティファルス
あと1頭書かせていただけるならタイトルホルダーでしょうね。個人的な意見と言いますかスピードに欠けると考えているので、早めにスパートをかけるのであれば勝つ可能性もあるとは思います。現状の4番人気であれば、加える可能性もありそうです。

最後までご覧いただきありがとうございます。皆様の予想の一助になれば幸いです。当たりますように・・・