2020年ホープフルステークス 予想

今回G1になって4回目のホープフルステークスとなりますが、過去3年は全て1番人気が勝っております。タイムフライヤーのみ5戦目(2勝2着2回)で他サートゥルナーリアとコントレイルは2戦2勝からの戴冠となっております。

今年は2戦2勝の馬が5頭!アドマイヤザーゲオーソクレースダノンザキッドヨーホーレイクランドオブリバティとなっておりますのでこの辺りの争いになると思われます。その中でダノンザキッドとヨーホーレイクは私のPOG馬でして、是非どちらかが勝ってどちらかが2着という最高の結果となることを望んでいたりします(苦笑)。

人気どころを見ていきますと現在1番人気のランドオブリバティは器用さを持っているのが強みですかね。前目につけられるのも良いですし、操縦性も良さそうです。反応も悪く無いですし、過去のホープフルSの勝ち馬のタイムで走れている強みもあると思います。私もこの馬が本命です。勝つ可能性も高いと思いますが軸に最適な馬だと思います

2番人気がオーソクレース。こちらは不利が多々あったアイビーSを勝利しており、2着のラーゴムは京都2歳Sでもワンダフルタウンに次ぐ2着。ただスタートが微妙ですし、瞬発力があるようには見えません。ただ不利があり過ぎて何とも言えなないところもあります。1枠1番がどのように影響するかも気になるところです。

3番人気がダノンザキッド。残念ながら前走のパドックが見れてないのですが、レースを見る限り大量の発汗があります。気性的に問題があるのかな?と。そして、持続力で勝負するタイプに見えますので中山2000mがあうのかも不安がありますね。この馬が対抗。

6番人気がヨーホーレイク。この馬はPOG馬でもあるのですが祖母クロカミにお世話になりました。思い入れという意味では1番高いのですが、稍重と重でしか走っておらず未知の部分が大きいですね。ヒモまで。

7番人気アオイショーは単穴。新馬戦の勝ち方が素晴らしいです。一発あるならこの馬かな?と。

9番人気がタイトルホルダー。この馬は東京スポーツ杯でダノンザキッドの2着に敗れてますがスタートが良いのと新馬戦で中山を走っているというのが強み。瞬発力もあるので中山向きなのかなと考えております。ランドオブリバティと似たようなイメージです。

13番人気のホールーシバン。パイロですし体型もダートの気がしますがパドックは見たいところ。全日本2歳優駿を除外されてここに回ってきたので厳しいとは思いますがチェックしたいと思います。

◎ランドオブリバティ
〇ダノンザキッド
▲アオイショー
△タイトルホルダー、ヨーホーレイク