2021年東京プリンセス賞回顧録

夕方に帰宅後のんびりしていたので、東京プリンセス賞のパドックからじっくり見ることが出来ました。そんなことで回顧録を書いていきたいと思います。

まずパドックの感じは(あくまで私目線です・・・)グロリオーソケラススヴィアが良く見えて、次いでレディブラウンという感じ。あとフライングトリップも良く見えました。サブルドールやアイカプチーノは発汗していることを確認出来たのでマイナス評価。ディアリッキーはパドックでちょこちょこ歩いていて、判断出来なかったので返し馬まで確認して3番手評価としました。ウワサノシブコは牝馬ですし、ユングフラウ賞のパドックは見てなかったので何とも言えませんが少し余裕あるのかな~ぐらいの感覚でした。あとは普段騎手の表情まで見てないので(見る余裕が無い)微妙ですが、森騎手に余裕があるな~なんて感じに見えまして、ケラススヴィアで堅いのかな~と思ったり・・・。ベテランですし、偉大な騎手なので普段からそうなのかもしれませんけど(苦笑)。てなところが、パドック(と返し馬)の感想です。

レースはケラススヴィアの完勝で力の差がありそうですね。力の差がある中で前目に行った各馬はレディブラウン、グロリオーソは結構負けてますが展開を加味して考える必要がありそうです。着順で能力順位をつけるのは危険かと。そんな中頑張ったウワサノシブコは力がありそうです。次走期待ですね。ティーズアレディーは3着に来ましたが連下でというタイプですかね。ちなみにパドックは悪くは無いですが目立つ感じではありませんでした。

以上、簡単ではありますが私の見て感じた東京プリンセス賞回顧録でした。